薬剤師の就職率事情は?

薬剤師,就職,就職率,薬学部,病院

薬剤師の就職率はどの程度かご存知ですか。

 

ある時期は大変高かった時期もあったのですが、昨今は非常に落ち込んで平均して80パーセントを何とか上回る程度になっています。
一体これはどうしてなのでしょうか。

 

薬剤師の就職率の低下の理由

就職率がここまで落ち込んだのには事情があります。

 

高齢化だから寧ろ薬局の需要がたかまると考える向きもあるのですが、実際はその正反対でした。

 

大学の新設に伴い、薬学部の定員も増えそれだけ求職者がふえたのにも関わらず、病院の統合などで逆に雇用が減ってしまったのがポイントです。

 

また不況の波は医薬業界にも押し寄せ、研究開発などに携わる薬剤師の数が減らされていったという事情もあります。

 

そのため、薬剤の学部は出たが他の商社などに勤めるなどの進路の変更を余儀なくさせられている人も多いのです。

 

これは時代の流れなのでどうしようもないのですが、今後もこの流れはますます強まっていくのでしょうか。

 

実は違います。それは薬学部が6年生になり、より入試も厳格化されたために供給自体が減ってきているのです。

 

さらにこれだけでなく、薬剤法の改正で薬剤師の需要が増えてきたのも見逃せません。
寧ろこれからは需給ギャップが減少し、薬剤師が不足してくると考えられるのです。

 

薬剤師専門の求人・転職サイトの活用

最近では、こうした薬剤師の就職率の変化など、自分だけではどうにもならない状況の中、自分の条件にあった職場を見つけるサポートをしてくれることで、利用者が増えているのが、薬剤師専門の求人・転職サイトです。

 

登録や手続きも簡単で、専門のスタッフによる求人や転職に関するサポートを行っています。

 

 

薬剤師専門求人サイト「リクナビ薬剤師」

 

薬剤師,就職,就職率,薬学部,病院


関連ページ

専門薬剤師の種類
専門薬剤師の種類について解説します。専門薬剤師とは各分野の高度な薬に対する知識をもったエキスパートですが、一般的な薬剤師との業務の違いの有無など、専門薬剤師の仕事の内容についてご紹介します。
保険薬剤師とは?
保険薬剤師とはどのような仕事なのか?薬剤師の職種の一つ保険薬剤師について一般的な薬剤師との仕事の違いの有無や日々の業務の紹介など、保険薬剤師になるための知識について解説しています。
保険薬剤師の登録
保険薬剤師の登録をするまでにはどのような流れを経て行うのか?薬剤師として働くために必要な保険や薬剤師の登録についての申請方法など、意外と知られていない保険薬剤師の登録についての知識をご紹介しています。
日本病院薬剤師会とは?
日本病院薬剤師会とはどのような団体なのか?一般社団法人のひとつである日本病院薬剤師会について具体的な業務や活動内容・会員数について日本病院薬剤師会の詳細についてご紹介します。
薬剤師が不足している都道府県
薬剤師が不足している都道府県について解説します。現在の日本の薬剤師の就業状況の解説と各都道府県での薬剤師の労働条件や待遇面の違いについて薬剤師になるまでの流れを交えてご紹介します。
薬剤師の数の飽和
薬剤師の数が飽和している都道府県はあるのでしょうか?一般的に就職率の高い薬剤師ですが、現在の就職率の状況や実際に薬剤師が飽和している都道府県についてご紹介しています。
フィジカルアセスメント
薬剤師が担うフィジカルアセスメントについて解説しています。薬剤師が担うフィジカルアセスメントにはどのような事由があり、日々の中で執り行われているのか具体例などを交えてご紹介しています。
薬剤師法とは?
薬剤師法とはどのような法律なのか?一般的にあまり知られていない薬剤師法についての解説や薬剤師が行う業務に薬剤師法がどのような関わりがあるのかについて解説しています。
調剤薬局とは?
薬剤師の求人に多い調剤薬局とはどのような位置づけの薬局なのか解説しています。病院での薬剤師の求人以外に多くある調剤薬局で働きたいと考えている方に調剤薬局の仕事内容についてご紹介します。