保険薬剤師の登録はどのように行うのか?

保険薬剤師,登録,申請方法,書類,保険

保険薬剤師の登録方法というのはあまり知られていないかも知れません。

 

薬剤師が保険薬局などで調剤を行うためには、あらかじめ保険薬剤師としての登録を受ける必要があるのです。

 

登録の流れ

これらを行うところとして勤務する保険薬局などが所属している地方厚生局の事務所です。

以前にはこの手続きが社会保険事務所でしたが変更になっています。

 

このような手続き申請をするのは薬剤師本人であり、厚生局での受付日が開始日となるのが特徴です。

 

申請自体は窓口や郵送が一般的ですが、勤務先の薬局などで手続きを代行してもらえることもあります。
通常申請書というのは保険医登録申請書と共用の様式になっていて薬剤師の免許証の写しを添付します。

 

この流れで費用はかからないので安心です。

 

申請し、特に問題がない場合には交付され、原則勤務先に郵送されるのです。

 

その際にはその他の必要書類も一緒に受け取ることになります。

 

そして指導監督のために提出が必要な書類もあるので確認をしておきます。

 

また、交付された後には研修を受講する必要があります。
これは必ず行う必要があるので注意しましょう。

 

申請をする時に勤務先の所在地を管轄している地方厚生局に申請しておかないと、管轄外では遅れることになります。


関連ページ

専門薬剤師の種類
専門薬剤師の種類について解説します。専門薬剤師とは各分野の高度な薬に対する知識をもったエキスパートですが、一般的な薬剤師との業務の違いの有無など、専門薬剤師の仕事の内容についてご紹介します。
保険薬剤師とは?
保険薬剤師とはどのような仕事なのか?薬剤師の職種の一つ保険薬剤師について一般的な薬剤師との仕事の違いの有無や日々の業務の紹介など、保険薬剤師になるための知識について解説しています。
就職率事情
薬剤師の就職率事情は現在どのような状況なのか?安定した職業のひとつで人気の高い薬剤師ですが、昔と比べて就職率にはどのような変化がおきているのか、医療現場の現状を交えて解説しています。
日本病院薬剤師会とは?
日本病院薬剤師会とはどのような団体なのか?一般社団法人のひとつである日本病院薬剤師会について具体的な業務や活動内容・会員数について日本病院薬剤師会の詳細についてご紹介します。
薬剤師が不足している都道府県
薬剤師が不足している都道府県について解説します。現在の日本の薬剤師の就業状況の解説と各都道府県での薬剤師の労働条件や待遇面の違いについて薬剤師になるまでの流れを交えてご紹介します。
薬剤師の数の飽和
薬剤師の数が飽和している都道府県はあるのでしょうか?一般的に就職率の高い薬剤師ですが、現在の就職率の状況や実際に薬剤師が飽和している都道府県についてご紹介しています。
フィジカルアセスメント
薬剤師が担うフィジカルアセスメントについて解説しています。薬剤師が担うフィジカルアセスメントにはどのような事由があり、日々の中で執り行われているのか具体例などを交えてご紹介しています。
薬剤師法とは?
薬剤師法とはどのような法律なのか?一般的にあまり知られていない薬剤師法についての解説や薬剤師が行う業務に薬剤師法がどのような関わりがあるのかについて解説しています。
調剤薬局とは?
薬剤師の求人に多い調剤薬局とはどのような位置づけの薬局なのか解説しています。病院での薬剤師の求人以外に多くある調剤薬局で働きたいと考えている方に調剤薬局の仕事内容についてご紹介します。