おすすめの薬剤師求人紹介サイト

薬剤師の求人情報を探そうと考えた時にまず、考えるのが「安心して仕事探しができる」ということではないでしょうか?

 

自分の希望や労働条件に合った職場を探したいと考えた時、まずおすすめしたいのが規模や歴史のある情報サイトです。

 

薬剤師の求人・転職サイトのおすすめ選び方

  • 求人の規模や求人範囲の広さ
  • 会社自体の規模
  • サポート体制に対する信頼性

 

こういった部分はしっかりと押さえたうえで、ハローワークだけでなく、求人・転職サイトを利用することもよりよい職場を見つけるサポートとなります。

 

薬剤師の求人・転職情報サイトの大手「リクナビ薬剤師」

薬剤師,求人,転職サイト,募集,比較

薬剤師の求人は他の一般的な職種よりも求人量が多いとはいえ、自分の目や情報だけでは見つけるのが難しいです。

 

そんな時に信頼性と規模の大きさで利用者も多く、人気なのが、薬剤師の求人・転職情報サイトの大手「リクナビ薬剤師」です。

 

「リクナビ薬剤師」はご存じリクルートのサイトなのですが、その中で、薬剤師の方の求人を中心に扱っている薬剤師の求人・転職支援サービスです。

 

「リクナビ薬剤師」利用者満足度の高さの理由

求人数の多さ

「リクナビ薬剤師」は総求人数38,000件以上と業界トップクラスの求人数で利用者の要望に沿った職場探しをサポートしてくれます。

求人の質や希望に沿った転職支援

「リクナビ薬剤師」は求人数の多さはもちろん求人の質や利用者の方の希望に合う職場を探せるよう専任のアドバイザーが細部までヒアリングして求人を案内してくれます。

非公開求人も豊富

「リクナビ薬剤師」は全求人の中で約75%が非公開求人となっており、リクルートグループならではの情報網で専門職である薬剤師の方の求人をサポートしてくれます。

 

薬剤師,求人,転職サイト,募集,比較

 

 

薬剤師,求人,転職サイト,募集,比較

 

働くまでの丁寧なサポート薬剤師の転職情報サイト「ファル・メイト」

薬剤師,求人,転職サイト,募集,比較

転職情報サイトファル・メイトは、他の情報サイトと違いがあります。

 

まず、基本的に多くの転職情報サイトは単に求人情報を紹介しているだけで、仕事を探せる環境を提供しているだけのサイトが多いですが、その点ファル・メイトはかなり丁寧です。

 

丁寧な案内によるサポートの充実

薬剤師の雇用形態はどのようなものがあるのか解説していたり、社会保険や税金に関する基礎知識を紹介していたりと、薬剤師として働く際に覚えておきたい知識を色々と掲載しています。

 

この点は大きな違いであり、これから転職をするにあたって良い参考になります。

 

首都圏の求人に強いと評判

ファゲットは様々な地域の薬剤師求人の紹介を行っていますが、中でもチカラを入れているのが、東京や大阪など、大都市の求人です。
大都市は競争率も高く、中々自分だけで希望にあった求人を見つけるのは大変です。

 

そんな時にファゲットのようなある地域に対して強いという特徴をもった求人・転職サイトがあると探すのがグっと楽になるのではないでしょうか?

 

薬剤師の派遣求人が非常に豊富なので、派遣としての仕事をしたい人にとってはかなり仕事を探しやすいです。

 

初めて派遣で薬剤師の仕事をする場合など、時給などの収入面から派遣先の仕事まで色々と気になることがあるものですが、ファル・メイトはこうした疑問の説明が非常に丁寧で分かりやすいため、安心して仕事を探しやすいです。

 

メリット・デメリットの説明など働く人目線のサポート

反対に仕事場のデメリットもしっかり書いてあるので好感が持てます。

 

数ある他の情報サイトに比べると、説明の分かりやすさだったり丁寧さという部分については大きな違いや特徴を持っている転職情報サイトです。
薬剤師の転職活動をする時は一度チェックしてみると良いです。

 

薬剤師,求人,転職サイト,募集,比較

 

ファルメイト

 

薬剤師,求人,転職サイト,募集,比較

 

 

安心の実績・薬剤師の転職情報サイト「ファゲット」

薬剤師,求人,転職サイト,募集,比較

女性の方は結婚やご出産で仕事を一旦辞めるケースも多くあります。
育休を取って仕事復帰するケースも多いですが、子供が小さい時は発熱しやすいですし子育てと仕事の両立はなかなか厳しいものがあります。

 

一旦仕事を辞めたとしてもお子さんが小学校に入ると体も強くなるので再就職をご検討されてもいいかもしれません。

 

薬剤師の資格をお持ちでしたら転職情報サイトへ登録しておくと自分の希望にあった仕事を見つける事ができますし、条件を絞り込んで探すことも可能になります。

 

ファゲットは人気があり薬剤師の仕事探しをサポートし転職情報サイトとしては規模も大きいです。

 

他の情報サイトと比較してみてもファゲットはかなり希望にあった転職先を探すことができるでしょう。

 

他の情報サイトと違い、掲載がない薬剤師の転職情報などもファゲットでは記載している事もあるので勤務場所、通勤時間、勤務時間帯など総合的な条件をプロフィールに記載しておくと自分にあった希望の職場を紹介してもらうことができます。

 

転職情報サイトは他サイトとは違い、やはりいち早く最新の情報を入手できるので便利です。
24時間好きな時間帯に転職探しができるのもメリットは大きいです。

 

薬剤師,求人,転職サイト,募集,比較

 

ファゲット

 

薬剤師,求人,転職サイト,募集,比較

 

薬剤師の転職情報サイトとしておすすめの「薬剤師サービスセンター」

昨今、薬剤師希望者は多くなり、人数も飽和状態になりつつあります。
そんな中で、多くの方が希望する「高収入」で「希望の時間帯での就業が可能」な案件は易々と見つかりません。

 

そのため、案件の量で他の情報サイトと一線を画しようとしているサイトは多くあります。
確かに、選択肢が多くあれば希望通りの職場が見つかる可能性は高くなります。ですが、選択肢が多いのは転職希望者だけではありません。

 

病院や薬局から見ても、採用する選択肢は多いのが実情です。また、他の職業とは違い、薬剤師ならではの事情も考慮して案件を選ばないといけません。

 

調剤薬局と処方箋薬局、スーパーマーケット顔負けのドラッグストアなど、一口に薬局と言っても扱う薬の種類も仕事の内容も異なります。
つまり、これからは単に案件の量が多いだけではなく、薬剤師の事情も良く知っている転職情報サイト、言い換えるとプロの転職情報サイトが求められています。

 

その要望に応えるために作られたのがこの薬剤師サービスセンターです。

 

薬剤師転職のプロによるコンサルティング

薬剤師サービスセンターは他の情報サイトと違い、有資格者や薬剤師の人事担当経験者が在籍している薬剤師転職のプロなのです。
しかも、平日に休みのない人も利用できるよう、土日祝日も対応しています。

 

薬剤師,求人,転職サイト,募集,比較

 

全国の薬剤師の平均年収とは?

 

薬剤師の平均年収は決して高いものではありませんが、低くもありません。
あくまで平均ですので、働き先が色々あるので、一慨に高い低いとは言えません。

 

 

パートとしての給料は高い時給である

パート勤務などですと、一般事務などと比較するとかなり高い時給となっています。
専門的な仕事ですから高収入を望む事が出来ます。

 

会社員としても平均以上になる場合も

一流大手製薬会社などは年収は高いです。
しかも一般の会社員と同様の勤務体制だったりしますので、かなり条件がよい上に年収がよい事になります。
また研究職なども年収はいいです。

 

地域によっての給与の違い

また給与額は全国一律ではありません。働き方の違いに加えて地域差もあります。

 

全国で薬剤師が平均して分布しているわけでなはないので、不足している地域もありますし、過剰の地域もあります。
最近は大きなチェーン店のドラッグストアも多くなってきています。

 

このようなお店には必ず在籍していないといけませんので、求人は必ずあります。

 

中には店長として配属になる薬剤師もいます。この場合はお店の経営も任される事になります。

 

このような職種の場合は平均年収は高いです。
勤務先によって収入が大きく変わりますので、就職の際には慎重に検討する必要があります。

 

またドラックストアが一気に増えた時代のように、求人が一気に増える事もあります。

 

薬剤師は就職難って本当?

薬剤師,求人,転職サイト,募集,比較

現在は一昔前に比べると薬剤師の人口が増加していると言って良い状態にあります。

 

その為、今は薬剤師の資格を取っても就職難から逃れられないと言われることもありますが、他の職業と比較してみれば働き口を探しやすいという特性はまだしっかり残っています。

 

医療系の業界では人材の不足が継続しています。薬剤師に関してもそれは同様なので、他業種に比べると求人数が多い傾向があるのです。

 

また、活躍の場も病院だけでなく企業なども含まれているので、非常に幅広いのが現実です。
人気が高い勤務先だと、やはり求人に対する応募数も多くなる為採用を勝ち取るのが困難になるかもしれません。

 

その点では就職難と言えるかもしれませんが、希望する雇用条件を広げてみると、比較的仕事を見つけやすいと言って良いでしょう。
薬剤師になる為には非常に高度な薬学の習得が必要になります。

 

そして、身についた知識は就職活動時には強い武器となります。
専門的な資格を有さない方だと、やはり就職難の現在をスムーズに乗り切ることは困難でしょう。

 

しかし、特に人材が不足傾向にある医療業界であれば薬学の専門知識を有する薬剤師の需要は高く、就職先も見つけやすいと言えます。
就職先に困らないという点ではまだまだ有利な資格なのです。

 

薬剤師のお仕事は資格を取得するまでの勉強量など、時間を要する職種でもあります。
せっかくそのような資格を取得できたなら、より自分にとって条件の良い職場で働けることは今までの努力が報われると言えますね。

 

薬剤師は不況に強い仕事として人気

アベノミクスの経済政策によって、長期に渡る不況から抜け出し始めた結果、将来のビジネス需要の拡大を見越して、企業の投資傾向が人材に向けられるようになってきました。

 

その結果、様々な業界において人材不足が深刻になってくるようになり、必要な人材を確保することができない企業は四苦八苦している状況が続いているようです
そんな中、以前から深刻な人材不足を抱えていた医療分野においても、同じような状況は続いています。

 

売り手市場という状況ではありますが、人気の高い職場の競争率が厳しいものであるという状況は変わりません。
そのために薬剤師の求人であっても、必須の視覚だけでなく、スキルミックスを図る等して、他のライバルとの差をつけることが大切になってきます。

 

必須の資格である薬剤師という国家資格に加え、その専門分野の知識だけでなく、フィジカルアセスメントやバイタルサインの測定の実務研修等に参加するなどして、多角的な視点や知見を持つことが大切になってきます。

 

既存の薬剤師の職責である医薬品の適正使用に対して、他の人よりより注意と配慮をし、薬物治療や医療の安全性の向上に貢献するスキルを持った人材であることをアピールすることができれば、希望の職場に着くことができる可能性も高まってくることでしょう。

 

当サイトでは薬剤師の求人募集を探す方におすすめの求人・転職サイトのご紹介の他にも薬剤師の実際の年収や職種、仕事の内容についての知識や実際に求人・転職サイトを利用した方の口コミの評価など、薬剤師の求人で失敗しないために役立つ情報を掲載しています。

更新履歴